洪庵キャンプ場(山梨)

キャンプ場紹介

千円札の裏側のモデルになっている景色が見られる洪庵キャンプ場。以前まで予約不要のキャンプ場でしたが、2021年7月から予約制へと変更になりました。予約制となった洪庵キャンプ場の紹介になりますのでこれから行かれる方は是非読んでみていってください。

HPhttp://kouan-motosuko.com
オートサイト
フリーサイトオートフリー(林間サイトは車乗り入れ不可)
地面素材砂利
トイレ1箇所
お風呂コインシャワー/温泉施設有
炊事場1箇所
売店
電源サイト
in/out7:30~19:30(予約の際に選ぶ)/10:00(レイト17:00)
直火NG
ゴミ
灰捨て場
ペット
コテージ・バンガロー
手ぶらプラン
予約方法HP
予約開始日直近60日前0時
キャンセル待ち
支払方法現金/クレカ
オフシーズン

引用 https://kouan-motosuko.com/index.html

早く行って待つ必要なし

まず、洪庵キャンプ場と言えば以前まで夜中から並んで待つほどの人気でした。

ですが今回予約制になり、予約時に時間指定もあるため、その時間に到着していれば問題ないんです。

写真は駐車場から見える景色です。朝焼けが綺麗でした。

キャンプ場横にあるトイレ

受付開始前にお手洗いに行きたくなっても安心。キャンプ場横にトイレがあります。ゆるキャンというアニメで主人公が寝ていた場所のトイレです。ちなみにこちらは管理費として50円投入してください。

予約した時間5分前になったら受付前へ

事前に予約した時間に間に合うように到着し、5分前になったら代表者1名のみ受付前に行きます。スタッフさんが声がけしてくれるので名前を伝えると「○番目に並んでください」と案内されます。これは私の予想ですが、予約した時の早い者順で受付時の順番も決めているように思いました。

なので予約時間の30分前などから受付前に待機する必要はないので5分前まで車内で待機していて問題ありません。

例えば、8時半予約の方が7時半の受付時間に到着していても受付はできないので8時半受付に間に合う程度にいらっしゃるのが良いと思います。

受付する前に入り口に並ばないように

受付までは駐車場で待機します。間違ってもキャンプ場の入り口前に車を停めないようにしましょう。

受付完了した人が通れなくてトラブルになってしまうので気を付けましょう。

前泊者の車の日付を見てから声をかけましょう

お目当てのサイトが前泊者で埋まっていた場合、まずは前泊者の車のフロント部分にある紙を見て、レイトチェックアウトではないか、連泊ではないかを確認した上で声をかけてください。声をかけるのは勇気がいりますが、週末などは声かけずに場所取りは困難です。

設備

スタッフさんの数が多く、全体的に綺麗に保たれています。水場は一ヶ所にしかない為、選ぶサイトによってはそれなりに歩くことになります。

炊事棟

キャンプ場自体の清掃は行き届いていたのですが、夜になると生ゴミが溜まり水の流れが悪くなっていました。キャンパーさん自身が生ゴミを取ってから洗っていないわけではなく、洗う時にどうしても出てしまうくらいのものが数多くの人の利用によって蓄積されてしまっている様子です。こればっかりは利用者数が多いキャンプ場なので掃除の回数を増やすなどの問題ではなく、三角コーナーを設置するなどの別の工夫は必要なように感じました。誰かが悪いのではなく、人気大型キャンプ場のあるあるかもしれません。

トイレ

炊事棟横にあるトイレ。男女分かれていて女子トイレは和洋ありました。清掃が行き届いていて清潔でした。

コインシャワー

2分間100円で使用出来るコインシャワー。トイレ同様清掃も行き届いていて綺麗でした。

人気の湖畔サイト

洪庵と言えば人気の湖畔サイト。富士山と湖を前に過ごすキャンプは贅沢でした。湖畔サイトは人気がありつつも斜めになった斜面に設営しなくてはならないことでちょっと工夫が必要と言われているのですが、私が行った時は想像よりも斜めに感じなかったので特に工夫することなく設営ができました。選ぶ場所や、潮の満ち引きにもよるとは思うので一概にとは言えませんがとても素敵なサイトでした。

湖畔サイトのテント設営場所はこの写真ほど斜面を感じませんでした。

湖畔サイトに引けを取らない林間サイト

人気の湖畔サイトだけが洪庵の魅力ではありません。林間サイトもとっても魅力的なんです。

車の乗り入れは不可ですがすぐ裏が駐車場なのでさほど困らないと思います。そしてトイレや炊事棟も近く、湖畔サイトに比べてサイト全体がフラットなので設営もしやすいです。そして林間サイトの中でも特に圧巻するサイトがあり、そのサイトからの景色がこちらです。

この景色を見た時私は言葉を失いました。ちょうど紅葉シーズンだったこともあり、紅葉との組み合わせが凄すぎました。来年の紅葉シーズンはこのサイトで過ごしたいと思いました。

日本を代表するキャンプ場の1つ

日本のシンボルの富士山と、お札にもなっているほどの素敵な景色を眺めながら過ごせるこのキャンプ場は間違いなく日本を代表するキャンプ場の1つだと感じました。行かれる機会がある方は是非素敵なひとときを…♪

yuma

13,813 views

キャンプ大好きキャンプ女子! ・オートキャンプインストラクター ・アウトドア検定2級 ~エピソード~ 物心が着く前から家族に連れられキャンプに行っていたが、...

プロフィール

関連記事一覧